お子さまの起立性調節障害でお悩みですか?

病院へ通っても治らないなら、整体で根治できる可能性が大です!
それも、驚くほど早期に!
どうかあきらめないでください!希望をもってください!

一般的には、起立性調節障害と整体は、無関係のように考えられます。
しかし、多くのお子さまが、整体院へ通って元気を取り戻しているのは、事実です。
そして、その大半は、病院へ通って治らなかったお子さまです。

まずは、このページだけでもお読みください。
病院では教えてくれない大切なことが、たくさん書かれています。
参考になれば、幸いです。

本サイトは、現在立ち上げたばかりであり、随時コンテンツ追加中です。
取り上げて欲しいこと、ご質問などがあれば、以下のリンク先よりお願いいたします。
http://shin2raku2do.jp/index.php?go=KDddad

2016年2月15日
心身楽々堂 代表 西田 聡


こんなことで悩んでいませんか?

あなたの大切なお子さま、次のような症状で悩んでいませんか?

朝、なかなか起きれない
起きても、頭痛やめまいが酷く、立ってられない
いくら休んでも、倦怠感や疲労感がとれない
しんどくて、授業や勉強に集中できない
歩行や運動中に、動悸やめまいで倒れたことがある
遅刻や早退ばかりしている
何ヶ月も学校へ行けていない
夕方から夜にかけては元気になり、夜眠れなくなる
専門医に診てもらっているが、一向に改善しない

もしひとつでもあてはまるなら、どうかこの先を読み進めてください。

つい最近まで、あんなに元気だったのに・・・

いったい、あなたのお子さまに、何が起こったのでしょうか?
深刻な病気にかかってしまったのでしょうか?

ご本人はもちろんのこと、ご家族もさぞかし不安に思っておられることでしょう。

もしかしたら、すでに病院やクリニックを受診しておられるかも知れません。
さまざまな検査を受けてこられたでしょう。
医師から複数の薬を処方され、服用し続けておられるかも知れません。
それでも、一向に改善する兆しが見えず、希望を失っておられるかも知れません。

でも、ご安心ください。
起立性調節障害は、深刻な病気ではありません。

正しいことを知り、正しい方法を、正しい順番で、取り組み続ければ、必ず改善できます。
もちろん、根治も可能です。

このサイトでは、それをお伝えしたいと思います。

整体で起立性調節障害がよくなる!?

申し遅れました。

私は、西田 聡(にしださとし)と申します。
大阪の枚方市という町で、「心身楽々堂」という整体院を自営しております。

2008年に開業し、一貫して自律神経失調症を専門として参りました。

来院者のほとんどが、

  • 病院へ通っても治らない
  • いくら検査をしても異常が見つからない
  • どこへ行けばよいかわからない

というような症状でお悩みの方です。

頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、過呼吸、火照り、うつ、パニック障害、不眠、生理痛、便秘、下痢など、大半の人が複数の症状を訴えられます。
中には、関節リウマチや線維筋痛症、癌など、難治性疾患と呼ばれる症状の方もおられました。

さまざまなお客さまと向き合い、施術をさせていただきました。
その中で、大切なことをたくさん学ばせていただきました。

それは、次のようなことです。

  • 人間の身体は、必要があって症状を出現させている
  • 症状は結果であり、結果には必ず原因がある
  • 原因はひとつではなく、複数のものが重奏している
  • 生きている限り、自然治癒力が働いている
  • 原因を断ち、自然治癒力の発動を助ければ、どんな症状も根治できる
  • 自律神経の働きが、自然治癒力発動の大きな鍵を握っている

ここ数年、お子さま(小中高生)の相談や来院が増えてきました。
その9割以上が、本サイトで取り上げる「起立性調節障害」で悩んでいます。

当院に通い続けてくださったお子さまは、必ずよくなっています。

発症以来数ヶ月間登校ができず、専門クリニックで「治るのに3年はかかる」と言われた子が、3ヶ月で登校できるようになった例は、決して珍しくありません。
数回の施術、もしくは数週間の通院で、劇的に改善した例もあります。

整体をお勧めする理由

私が、起立性調節障害のお子さまに、整体を強くお勧めするのは理由があります。
成長期は、言うまでもなく、お子さまの成長にとって、この上なく大切な時期だからです。

医療機関における治療の中心は、薬物投与です。
薬物はあくまでも対症療法に過ぎず、症状を根治はしてくれません。
そればかりか、薬物には必ず副作用があります。

そのため、却って症状を長引かせたり、別の症状を招く可能性もあります。
お子さまの成長に、深刻な影響を与えることも、決して少なくないことを知るべきでしょう。

中には、漢方や鍼などの東洋医学を取り入れている医院やクリニックもあります。
しかし、それら医療と整体は、次のような根本的違いがあります。

  • 医療:何かを“加えて”、解決しようとする
  • 整体:何かを“止めて”、解決しようとする

医療は、患者には何かが足りないから、足したり、補うことをします。
それに対して整体は、症状には必ず原因があるから、その原因を断つことにより、本来の自然な姿へ戻す助けをしたり、きっかけを与えたります。

それぞれ、メリット・デメリットがあります。
私共が考える整体のメリットは、次の通りです。

1)起立性調節障害の根本原因を断ち、自然治癒することできる
2)成長期の大切な身体に、一切の負担をかけない
3)医療機関での治療と比較して、格段に早く改善が見込める
4)自然治癒力を高めることができるので、健康になることができる

デメリットといえば、保険がきかず、実費支払いになることくらいでしょうか。

しかし、10回通っても、5万円前後の出費です。
少し長くかかって20回通ったとしても、10万円程度です。

専門医から「治るのに三年はかかる」と言われた症状が、私共の整体院で3~4ヵ月でよくなった例は、たくさんあります

あなたのお子さまの大切な青春の時間の対価は、いくらですか?
5万円ですか?10万円ですか?

間違いなく、それらを大きく上回るでしょう。
いや、お金に換えることは決してできないほど、大切なもののはずです。
大切な青春時代は、二度と戻らないからです。

本当に、お子さまのことをお考えになるなら、このサイトを詳しくお読みください。
必ず希望をもっていただけるはずです。